注目★気になるニュース速報

話題のニュースを集めています!

外部記事

饅頭 http://ift.tt/2f77XCs

饅頭

308 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/12/07(水) 12:57:02.01 ID:SQHVYLqk0 [1/3回(PC)]

高校1年生の時だからもう10年くらい前の話です。 
ある土曜日、部活終わって学校から帰ってきた。 
時間にして夕方6時半。季節は丁度今頃でもう全然薄暗かった。 
ドアを閉めると家の中は真っ暗で。台所の電気点けて洗濯物を放って 
カバン持って自分の部屋へ行こうと階段上がろうとした。 
階段横の仏間を通ると、襖が開け放ってある。 
いつもとは違う様子につい中をのぞいた俺、真っ暗な部屋の中、 
机に何かが乗っている。何だろう?と思いながら仏間に入って蛍光灯の紐を引く。 
パッパッと蛍光灯が2回閃いて灯りがついた。見下ろすと机の上にお客様用の 
朱塗りの茶菓子の皿、に饅頭がのっていた。昼間お客でもあったのかな? 
腹減ってるし食ってもええんかな?と饅頭に見入る。 
黄みがかったつやのある酒蒸し饅頭。蒸かしたてのように湯気を噴いている。 
湯気?えっ?人差し指で触るとまだ暖かい。 
「母ちゃん?」思わず台所を呼んでみる。スーパーにパートに出てる母ちゃんの 
帰宅は通常夜の8時過ぎ。昼間帰ってお客さんあって饅頭出しっぱなしなのかな? 
それにしちゃ饅頭だけってのも妙だ。母子家庭のうちは兄貴も大学入るとともに 
家をおん出て俺と母ちゃん以外に特に出入りする人もない。

続きを読む

Copyright © 2016 あなたの知らない不思議な世界まとめ All Rights Reserved.

from あなたの知らない不思議な世界まとめ http://ift.tt/2f77XCs
via IFTTT

-外部記事
-,

×